相武電鉄上溝浅間森電車区付属資料館
[W] 館内のご案内

[M] 資料館入口[C] 相武沿線展示室[I] 相模原市(津久井)



川尻支線沿線1k
原宿用水掘


 原宿用水掘は、寛永年間に新たに開かれた市場町・原宿への用水を引き込むために開削されました。
 境川より取り入れられた水は原宿の町で使われた後、隣町の下九沢を流れる鳩川へ注ぎ込んでいたそうです。

 昭和に入り県営水道が普及されるまで400年間、この用水は使われ続けてきたそうです。


境川取水口
写真:取水口地名標柱  原宿用水掘へ境川の水を取り込むための取水口は、ゆうやけ橋上流にある旧流路と新流路の分岐点あたりに設けられていました。
 用水が使用されなくなった後も取水口は残されていましたが、平成19年(2007年)ごろ、河川改修が行われた際に姿を消してしまいました。
 



水路橋
写真:水路橋  用水掘は境川支流の小松川を水路橋で渡ります。
 用水が作られた当初は木造橋でしたが、昭和3年(1928年)に行われた昭和天皇の即位の儀にあたる御大典を記念して、コンクリート橋に架け替えられました。




山本家屋敷跡の稲荷
写真:山本家屋敷跡の稲荷  水路橋の傍には稲荷社が祀られています。
 この場所には原宿用水掘の開削に尽力した川尻村の名主 山本 理兵衛の屋敷があった伝えられています。
 理兵衛は用水掘の完成後、原宿に移り住んだとのことです。




町屋3丁目の用水掘跡
写真:町屋3丁目の用水掘跡  原宿用水掘の多くは暗渠化され、生活道路となっています。




久保沢道沿いの用水掘跡
写真:久保沢道沿いの用水掘跡  久保沢道に平行して流れる原宿用水掘は、道沿いの町家に水がいきわたるよう、道を挟んで南北にそれぞれ町並みの前と後ろに2本ずつ通っていました。




旧村境の用水掘跡
写真:唯一、開渠部分が残る旧村境の用水掘跡  久保沢道から鳩川へ、用水掘は旧川尻村(現・相模原市緑区原宿南)と旧相原村(現・相模原市緑区二本松)の間を流れていきます。
 ここには、唯一の開渠区間が残ります。




下九沢の用水掘跡
写真:段丘を用水が流れ落ちる辺り  写真:暗渠化され広い道路となった用水堀跡

 原宿と下九沢の境は斜面となっており、用水掘は流れ落ちていきます。
 斜面の上部からその痕跡は見当たりませんが、下部にコンクリート製の構造物があることから、この辺りも暗渠となっているようです。
 その先は暗渠化した用水掘を吸収したのか、ほかより幅広の路地となっていました。

 原宿用水掘は、下九沢と大島の境にある鳩川源流に流れ込んでいたそうです。


〔 参考文献 〕
 ・ 相模原市教育委員会 編 (2012) 『城山町エコミュージアム通信 第6号』

2015.12.31 初示 / 2016.02.16 改訂


[U] ページ先頭へ [I] 相模原市のお話し・津久井編 目次