相武電鉄上溝浅間森電車庫付属資料館
[W] 館内のご案内

[M] 資料館入口[C 相武沿線展示室[I] 相模原市(津久井)



地名標柱一覧

相模原市や旧城山町、津久井町、相模湖町、藤野町によって建てられた旧跡や小字、道、坂の名を示す標柱の一覧です。

 城山津久井相模湖藤野



城山地域
名称 所在地 案内文 関連館内展示 備考
清水 緑区久保沢
3-12
このあたりは、谷津川沿いに清水がわき出ることから、この名がある。
古くから久保沢、谷ヶ原、向原に住む人々の生活用水に使われてきた。
   
雨降 緑区川尻
5772先
雨降止とも書いた。慶長八年(一六〇三年)の村の記録にもある古い地名である。    
尻無沢 緑区城山
4-9
このあたりの古い地名「尻無沢」は、山清水の流れが畑に吸われ尻の無い沢だったのによる。なまってヒナシサワと呼ばれたが、明治からは「都井沢」と呼ばれた。    
評議沢 緑区川尻
4457
むかし小松城の武将たちが評議を開いたところと伝えられている。    
山王林 緑区川尻
1712
むかし山王様があり貞享元年(一六八四年)の川尻村絵図にも山王林として描かれている    
深っ堀 緑区久保沢
2-24
むかし深い堀のようにえぐられた道があったことに由来する   保健福祉センター交差点角
溜池跡 緑区川尻
5122
貞享元年(一六八四年)の川尻村絵図から溜池があったと思われる所。
水田などの水の確保のため造られたと伝えられている。
   
原宿用水取入口 緑区広田
13
江戸時代初期に境川の水をここから原宿まで引いたもの。県営水道が普及するまでの約四百年間大切にされてきた。   境川河川遊歩道沿い
H5年型大型標柱
三工区 緑区城山
2-6
横浜水道建設工事の第三工事区があったころから呼ばれた。桜の名所でもある。    
原宿市跡 緑区原宿
4-1
江戸時代の初め、境川から用水を引きここに市が開かれ栄え、原宿の町がつくられた。   原宿交差点
原宿自治会館そば
久保沢市跡 緑区久保沢
3-6
江戸時代の初め、山間部の薪・炭などの林産物と平野部の米・塩などを商う市がここに開かれ、繁栄した。    
温泉坂 緑区久保沢
2-5
人工温泉の「温泉宿」があるのでコノ名がついたという。湯は熱海から馬の背に乗せて運んできたと伝えられる。 つくいの坂道
温泉坂
H5年型大型標柱
かんば坂 緑区谷ヶ原
1-1
このあたりに、かまばがあったことから、かんば坂と云われている。 つくいの坂道
かんば坂
 
尾崎坂 緑区小倉
408
尾崎の原へ登る坂道からこの名がある。「オザキ」は山の端の突き出た所をいう。 つくいの坂道
尾崎坂
 
観音坂 緑区小倉
511
観音様があったことに由来する。 つくいの坂道
観音坂
 



藤野地域
名称 所在地 案内文 関連館内展示 備考
三徳山清袋寺跡 緑区小渕
1992
清袋寺は臨済宗に属し、正観音菩薩を本尊とする。昭和二十八年まで当地にあり、その後日野山福王寺に移されました。    
春日山鳳勝寺跡 緑区日連
1702
鳳勝寺は、曹洞宗に属し、正観音菩薩を本尊とする。昭和十八年相模湖誕生とともに海老名市へ移りました。    
牧野山典徳寺 蓮乗院元屋敷跡 緑区牧野
7718
(設置位置都合により確認できず)    


2012.01.04 初示 / 2015.12.31 改訂


[U] ページ先頭へ [I] 相模原市のお話し・津久井編 目次