相武電鉄上溝浅間森電車庫付属資料館
[W] 館内のご案内

[M] 資料館入口[C] 相武沿線展示室[I] 相模原市(高座)



「さがみはらことば」という言葉

 「方言」と言うと、標準語と呼ばれる言葉の用い方とは違うある地方で用いられる独特の言い回しの事を指します。一方で「標準語」はというと、元は東京山の手地域で用いられた言語を基準としています。
 関東圏、特に東京都区部で使われる言葉は昔から、ほとんどがこの「標準語」だと思われがちですが、その区部である江東区や江戸川区などでは、以前はその地域特有の言葉遣いがあったそうです。

 さて、相模原も現在は「標準語」的な言葉遣いが一般的ですが、昔はやはりこの地域特有の言葉がありました。これは津軽弁や秋田弁、鹿児島弁などと言った「方言」と呼ぶほどの大きな差異を持った言葉遣いではありませんでしたが、同じ相模原市に属している地域であっても、異なった言い回しをすることがあったそうです。
 ここでは、この相模原地域のうち、旧・高座郡域で使われてきた言い回しを”さがみはらことば”と呼び、その一部をご紹介します。

 ※50音順でまとめてあります。下のリンクより選択してください。

[ あ行 ] [ か行 ] [ さ行 ]  [ た行 ] [ な行 ] [ は行 ]  [ ま行 ] [ や行 ] [ ら行 ]  [ わ行 ]



[U] ページ先頭へ [I] 相模原市のお話し・高座編 目次