相武電鉄上溝浅間森電車庫付属資料館
[W] 館内のご案内

[M] 資料館入口[C] 相武電鉄展示室[I] 相武電気鉄道のあゆみ



相武電気鉄道年表

 大正10年〜15年(昭和元年)昭和2年昭和3年昭和4年昭和5年・6年昭和7年〜13年

年代 相武電鉄関係 その他
大正10年
(1921年)
4月   小沢山東林寺へ竹田 龍翔 和尚が着任
(12日)
6月   橋本駅〜下九沢〜田名間のバス運行が開始される (10日)
9月   相模鉄道(現・JR相模線)茅ヶ崎〜寒川間が開業 (28日)
大正11年
(1922年)
5月   相模鉄道 寒川〜四之宮間開業 (10日)
大正12年
(1923年)
4月   溝村に鳩川実科高等女学校が開校
 (16日)
8月 淵野辺〜田名間鉄道敷設免許申請 (10日)  
9月 震災により、神奈川県庁にあった敷設免許申請書類が焼失 (1日) 関東大震災 (1日)
大正13年
(1924年)
3月 淵野辺〜田名間の敷設免許再申請
(4日)
溝村にある鳩川実業学校が閉校
 (31日)
12月   高座郡田名村と愛甲郡高峰村の間に高田橋(初代)が架橋される (5日)
大正14年
(1925年)
1月   淵野辺〜上溝〜田名久所間にバスの運行が開始される (30日)
3月 鉄道省へ早期認可の陳情書が提出される
(?日)
 
5月 起業目論見書の変更を届け出
 ・資本金を100万円から75万円へ (5日)
 
地方鉄道法による補助金受給の辞退を届け出 (5日)  
8月   高田橋(初代)が流失する (9日)
9月 淵野辺〜田名間の鉄道敷設免許認可
(25日)
 
10月 第1回会社設立発起人会が開催される (17日)  
11月 第2回会社設立発起人会が開催される (5日) 高田橋に仮設橋ができる (9日)
12月 高座郡溝村で地元有志による協議会が開催され、「相武鉄道期成会」の組織が決定される
(18日)
 
大正15年
(1926年)
1月   高座郡溝村が上溝町となる (1日)
田名堀内〜城山川尻間
田名〜愛川田代間
淵野辺〜中原〜目黒間
 鉄道敷設免許申請 (18日)
 
4月   相模鉄道 寒川〜倉見間 開通 (1日)
5月   神中鉄道(現・相模鉄道) 二俣川〜厚木間
開通 (12日)
6月   ≪生糸価格が大暴落する≫
7月   相模鉄道 倉見〜厚木間 開通 (15日)
8月 相武電気鉄道株式会社 設立 (21日)  
仮測量が始まる (月末)  
9月   高田橋(2代目)の橋脚工事が始まる (1日)
発起人1名除名を願い出る
(7日申請/22日認可)
 
起業目論見書が変更が度々行われる
 ・建設資金を75万から50万に減額
  (7日申請/22日認可)
 ・電力を自家発電から相武電力よりの
  供給へ変更 (15日申請/22日認可)
 
10月 淵野辺〜田名間(淵野辺駅付近、相模鉄道交差部を除く)工事施行申請を提出 (5日)  
会社登記が完了し完了届けを鉄道省に提出 (5日)  
  伊富貴、石田 両取締役が東京多摩川電鉄の役員に就任 (11日)
11月 電柱や枕木などに用いられる木材を仙台営林局より購入 (17日)  
≪この月より路線予定地内への立入り測量が始まる≫  
昭和元年 12月   大正天皇崩御、元号が昭和となる (24日)
停車場が決定される (?日)  
       

[N] 年表 昭和2年
[U] ページ先頭へ [I] 相武電気鉄道のあゆみ 目次