相武電鉄上溝浅間森電車庫付属資料館
[O] 館内のご案内

[M] 資料館入口[C] 相武電鉄展示室[I] 資料で見る相武電鉄

[B] 企業情報

各路線の様子
淵野辺〜久所間 【概要】

昭和2年3月提出 工事方法変更申請書及び、昭和5年3月提出 鉄道線路一部変更許可申請書に記されている淵野辺〜久所間の様子です。

申請区間/距離

始点
 神奈川県高座郡大野村(官設横浜線淵野辺駅)

経由地
 神奈川県高座郡溝村

終点
 神奈川県高座郡田名村

距離
  4哩76鎖
  (7.9Km)


停車場

停車場数
 5箇所

停車場、いわゆる駅は、淵野辺、相模原、上溝、相模四谷、久所の5駅が設置されることとなりました。


軌道/線形

単線・複線の別
 単線

軌間
 3呎 6吋
 (1.067m)

軌間の中心間隔
 11呎以上
 (3.353m以上)

軌道総延長
 5.73哩
 (9.222Km)

最小曲線半径
 10鎖
 (約200m)

最急勾配
 35分の1

当初は30分の1でしたが、相模鉄道との交差方法が決定した際に変更となりました。
もっとも急な勾配は、矢部新田〜上溝間にある相模原台地の上段から中段へかけての部分となります。


軌条/転轍機/枕木

軌条重量
 1ヤードに付き60ポンド

現在の規格に置き換えると、30Kgレールと同じものとなります。

転轍器及び転叉
 重錘取柄式転轍器
 8番転叉

枕木
 寸法:
   幅 7吋(0.178m) 高さ 5吋(0.127m) 長さ 7呎(2.134m)
 敷設間隔:
   最大 2呎 8吋(0.813m)


土工定規

線路施工基面の幅
 3.960m

当初は13吋(3.963m)でしたが、相模鉄道との交差方法が決定した際に変更となりました。

築堤斜面勾配
 1割 3分〜 1割 5分


切取斜面勾配
 9分〜 1割

当初、地盤が土砂であれば 1割、堅岩地では 3分〜 7分でしたが、相模鉄道との交差方法が決定した際に変更となりました。

築堤部での用地限界
 築堤法肩より
  乾地: 0.1m
  湿地: 1.05m(但し、側溝を設けること)

当初、 乾地で 1吋(0.305m)、湿地で 3呎 6吋(1.067m)でしたが、相模鉄道との交差方法が決定した際に変更となりました。

切取部での用地限界
 切取法尻より
  乾地: 0.3m
  湿地: 1.2m(但し、側溝または堤防を設けること)

当初、 乾地で 1吋(0.305m)、湿地で 4呎(1.22m)でしたが、相模鉄道との交差方法が決定した際に変更となりました。

橋梁/溝梁

▼ 橋梁

数量
 ナシ

▼ 開渠

数量
 2箇所

開渠は、「南原開渠」と「戌開渠」という2箇所が建設される計画となっていました。

▼ 函渠

数量
 6箇所

このうち、姥川の函渠は近年まで存在していましたが、河川改良工事のため、撤去されてしまったようです。


隧道(トンネル)

数量
 ナシ



運賃
1マイルあたりの
運賃

 旅客:  5銭/人
 貨物: 11銭 /t



----.--.-- 初示/2011.06.02 改訂

[N] 各路線の様子 淵野辺〜久所間 [ 建設費 ]

[U] ページ先頭へ [I] 資料で見る相武電鉄 目次